BSI:Beauty Smile Intelligence

看護師の仕事をするならBSIが必要だと思ふ

とても温かい手のひらでした。

Posted by miyu8ya on 2014年3月18日

長年放置していた全てのおやしらずが欠けたりむし歯になったり、中にはまだ生えかけの歯(!)もあり、それが動いているためか、その間はずきずきと疼いてとにかく痛くて仕方がありませんでした。
先生から「抜きましょう」と言われ、かなりドキドキしていましたが、欠けた歯をそのまま放置しておくのもどうかと思い…意を決したのでしたが。

しかし、どうやら「抜歯」だけど「ちょっとした手術」にもなるらしく…、ここまで聞いて私はかなりな動揺です。
ともすれば、医療器具を見るだけで血圧が低下するくらいですので、切った張ったの手術などおぞましく、考えるだけでも卒倒しそうなのです。
一つのおやしらずは埋没しており、その歯を抜くにはいつもの歯医者ではできず、はてさて、大きな病院で「全身麻酔で抜歯」とどんどん話は進み、骨を削って抜歯して二日間入院してきました。

痛み止めの薬を処方してもらい「痛さ」はまだ我慢できるのですが、滲み出てくる「血の味」に気分の悪さはマックスです。案の定、トイレで過呼吸を起こして倒れてしまいました。
直ぐに看護師さんが駆けつけてくれて、ベッドでは強張った手や足をずっとさすって声も掛け続けてくれました。
とても不安で一杯だったのですが、この時の看護師さんの手のひらに癒されて、また、優しい声掛けにとてもほっとしたことを覚えています。
嬉しく、本当に有難かったですね。


Filed Under: 未分類 - Comments: Comments are off for this article



Comments are closed.

top